分配ってどんなふうにするの?

投資信託の分配金というのは、投資信託の配当のことですね。これは投資家の保有口数に応じて分配するものですが、株式や債券に対する投資の運用で得た利益を、あらかじめ定めてある投資方針に従って分配していきます。

このとき運用会社が、運用成果に応じてどの程度分配を行うかというのを決めています。

分配金の受け取り方には二つのタイプがあります。

「分配金再投資型」というのは、支払われた分配金を、自動的に同じ投資信託に再投資するやり方です。

そして、そのまま支払われた分配金を受け取るのが、「分配金受取型」です。

分配金受取型と分配金再投資型がありますが、分配金の出し方はこの二つのコースにわかれているケースが多いですし、販売会社によっては、この二つのどちらかを選択できるようになっている会社もあります。

販売手数料がかからないのは、分配金再投資コースを選んだ場合です。

この場合、分配金は自動的に再投資されることになりますが、分配金から税金などを差し引かれた後、決算日の基準価額で再投資されます。

あと、投資信託には無分配型というのもあります。

この無分配型の場合は、各投資信託の取り決めにもよりますが、毎月1回、3ヶ月に1回、または四半期に1回など分配の時期はまちまちといえます。

比較的短期間で無分配型の場合は償還があります。

また特徴として、最初から契約期間が3年と設定されていたり、追加ができない場合も多いです。